日焼け止め以外でできる有効な紫外線対策5選!重要なポイントと選び方

 

コンビニに行くだけなのに、わざわざ日焼け止めを塗るのは正直めんどくさい。

日焼け止めだけじゃ不安。他のUV対策方法も知りたい!

大丈夫!紫外線対策は日焼け止め以外にもあります!

 

日焼け対策のために季節を問わず毎日丁寧に日焼け止めを塗って、さらに2時間おきに塗り直し…って正直とても手間でめんどくさいですよね。

顔は日焼け止めを塗る習慣はあっても、首や腕などなかなか意識しないと難しいという人もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、日焼け止め以外でできる紫外線対策グッズを5つ紹介します!

簡単にできて効果的な紫外線対策を知りたい人必見です

 

この記事はこんな方にオススメ
・日焼け止めが肌に合わない
・日焼け止め以外の紫外線対策が知りたい
・日焼け止めと一緒にできる紫外線対策を知りたい
スポンサーリンク

紫外線対策グッズを選ぶときのポイント

紫外線対策グッズと言っても、いろいろな種類があり、同じアイテムでも物によってその効果が異なります。

高い紫外線防止効果を得るためにも、ポイント抑えて購入しましょう!

 

❶UVカット率・遮光率がより高いものを選ぶ

紫外線対策グッズを選ぶときは、UVカット率・遮光率に注目!

UVカット率:日焼けやシミの原因になる紫外線をカットする割合
遮光率:直射日光(日差し)をカットする割合

 

どちらもなるべく100%に近いものを選ぶと、日焼けを防ぐ効果が高く期待できます!

 

❷夏は吸水速乾機能や接触冷感機能があるものを選ぶ

暑い夏の季節は、吸水速乾機能接触冷感機能があるものがオススメ。

吸水速乾:生地に付着した汗などの水分を、素早く吸収して乾燥させる機能
接触冷感:肌の熱を生地に瞬時に移動させて冷たさを感じさせる機能

 

紫外線対策は、布で肌を覆うことも多いので、熱がこもりやすくなってしまいます。

過ごしやすさも意識しながら紫外線対策グッズを選ぶことも重要です!

 

①完全遮光の日傘

日傘を選ぶときの重要なポイントは、「完全遮光」の日傘を選ぶこと。

完全遮光日傘は、遮光率が100%の日傘のことを言います。

99%でも99.9%でもなく100%なのがポイント。

 

遮光率が高ければ高いほど、傘の下の影が濃くなるので、日焼けを防ぐだけでなく、涼しさを感じることができます。

特に近年は猛暑が続いているので、紫外線対策だけでなく熱中症対策としても活躍します!

 

日傘で紫外線対策を徹底したいなら、「芦屋ロサブラン」や「サンバリア100」の日傘が定番メーカーです。

手軽に購入できる日傘に比べると、1万円以上する日傘は少し高く感じますよね。

  • 圧倒的な紫外線対策効果
  • 傘自体が丈夫で長持ちする
  • シンプルなものから可愛いものまで展開がある

1年を通してしっかり紫外線対策をしたいと考えている人なら、「365日つかえる!」と思えばお得に感じてきますよね!

 

 

②つばの広い帽子

つばの広い帽子は顔の周りや首の後ろまで、広い範囲を紫外線から守ってくれます。

 

女優帽みたいで恥ずかしい?

私も最初はそう思っていたこともありましたが、つばの広い帽子をかぶっていると周りの視線も気にならないですし、しっかりメイクじゃなくても出歩けるのでいつの間にか恥ずかしさはなくなりました!

 

ちなみに、顔脱毛などの美容医療の帰りなど、メイクができないタイミングでとても活躍したので定期的に通っている人なら確実に役立ちます!

 

 

③二の腕も隠れるアームカバー

アームカバーも定番の紫外線対策グッズですよね。

手や腕は意外と日焼けしやすく、気づかないうちにシミが増えているパーツでもあります。

 

また、手を洗うたびに日焼け止めを塗り直すこともなかなか現実的ではないですよね。

頻繁に塗りなおせないときに役立つのもアームカバーの魅力です。

徹底して紫外線対策したい人には二の腕まで隠れるロングタイプがオススメ。

袖とアームカバーの間の肌が見えてしまうと、まだら焼けの原因になってしまいます。

手の日焼けはシミやくすみなど「老け見え」の原因になるので、ちょっとした外出でもUV対策を意識するとエイジングケアにもつながります。

関連記事:知らず知らずに老けやすい手肌の年齢肌対策

「手が老けた」と感じる人必見!シワや血管の老け見えを予防するハンドケア方法
常に何かに触れ、動かしているあなたの手は、実は顔以上に老け見えの原因になっているかもしれません。しかし、1日に1度も手をつかわずに生活することは無理ですよね。そこでこの記事では、手肌を少しでも老け見えさせないためにできるハンドケアについて紹介します。大切なのは、小さな手間を惜しみなく継続することです。

 

指先までのタイプもありますが、スマホなど持ちにくかったり操作がしにくいこともあるので、手の甲は覆われているけど指先は出てるタイプが個人的にはオススメ。

 

 

④耳や首も対策できるフェイスカバー

フェイスカバーは、スポーツをするときやハイキングに行くときなど長時間太陽の下にいる場合にとても便利なアイテムです。

そんなフェイスカバーの中でも、ヤケーヌの耳まで覆えるフェイスカバー(フェイスマスク)は日常づかいしたくなるほど効果的な紫外線対策です!

 

二枚の布を使用しているので息苦しくないのもフェイスカバーの魅力で、外出時のマスクの代わりになると思い使い始めました。

インドア派な私ですが、ゴミ出しに行く時やコンビニなど、日焼け止めを塗るほどでもないちょっとした外出の時にとても役立ち、ほんとうに買って大正解でした!

肌が薄く、刺激を受けやすい目のキワまでしっかりカバーしてくれるので安心です!

紫外線対策を忘れがちな首の後ろまでカバーしてくれるので、まだら焼けも防げます

 

⑤クリアレンズサングラス

一般的な茶色や黒の色味をしたサングラスって、使うのに抵抗ありませんか?

時と場所を選び、室内で外さなければならないなど手間も多いですよね。

 

サングラスを紫外線対策として使いたいけど、なかなか日常的に使いにくい。

そう思ってる人にオススメなのがクリアレンズのサングラスです。

 

透明のレンズなので、時と場所を選ばず、屋外でも屋内でも使用できます。

明るくなったり暗くなったりしないので、目への刺激も抑えることができるのも魅力のひとつ。

季節を問わず使えるので、一年を通して目の周りの紫外線対策ができます。

伊達メガネのようですが、しっかりUVカット機能がついているものを選ぶことが重要です!

 

 

まとめ

今回紹介したオススメ紫外線対策グッズまとめ

  1. 完全遮光の日傘
  2. つばの広い帽子
  3. 二の腕も隠れるアームカバー
  4. 耳や首も対策できるフェイスカバー
  5. クリアレンズサングラス

 

紫外線対策グッズを購入するときのポイント

  • 遮光率や、UVカット率を意識して選ぶ
  • 夏は紫外線対策と一緒に、熱中症対策として選ぶ
  • 徹底した紫外線対策をしたいなら恥ずかしさは捨てる

 

紫外線対策してる姿って、周りから見るとちょっと滑稽だったりしますよね。

つばの広い帽子にサングラス、フェイスカバーをすると顔が見えないので不審者のように見えてしまうことも。

大丈夫!最初は恥ずかしいかもしれませんが、だんだん慣れます(実体験)

 

日焼け止めを塗るよりも簡単にできて、日焼け止めと一緒に対策すれば相乗効果にもなります。

徹底した紫外線対策で憧れの美白肌を手に入れましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました