まつ毛パーマ中のクレンジングのオススメ│長持ちさせるためのポイントは?

まつ毛パーマ中はどんなクレンジングを使ったらいいの?

マツエクみたいにオイルクレンジングはNG?

せっかくのまつ毛パーマ、なるべく長持ちさせたいですよね。毎日使うクレンジングも、きれいなまつ毛のカールをキープさせるために、相性の良いものを選びたいところ。

マツエクはオイルクレンジングがNGと聞くけど、まつ毛パーマにNGなクレンジングはあるの?マツエク経験者ならそんな疑問をもつ人も少なくないはず。

そこでこの記事ではまつ毛パーマ中に選ぶクレンジングとして役立つポイントをクレンジングの種類ごとに紹介します!

Sana
Sana

私が実際に使ってみて効果を感じたクレンジングは1番下で紹介しているので、よかったら最後までご覧ください!

スポンサーリンク

まつ毛パーア中のクレンジングの注意点

まつ毛パーマ中のクレンジングは、特に制限はありません。なので、今使用しているクレンジングで大丈夫。

実はまつ毛パーマ中のクレンジングは、「何を選ぶか」より「どう落とすか」がポイントです。

 

1番のポイントは「摩擦」です。

擦り洗いをしてしまうと、カールが落ちる以外に自まつ毛が刺激を受けて抜けてしまいやすくなります。まつ毛が抜けてしまったら元も子もないですよね。

なるべく摩擦のないクレンジングを選ぶことで、まつ毛パーマの長持ちに繋がります。

まつ毛への負担が少なく、簡単に(力を入れずに)落とせるクレンジングを選びましょう!

 

オイルクレンジング

まつ毛パーマで一番気になるのは「オイルクレンジングは使っていいの?」という疑問ではないでしょうか。マツエクだとオイルクレンジングはしないように言われるので、まつ毛パーマもダメなのかも、と思ってしまいますよね。

マツエクの場合はオイルクレンジングが使用できませんが、まつ毛パーマはオイルクレンジングを使っても大丈夫。ちなみにマツエクをしている時にオイルクレンジングがNGなのは、オイルクレンジングの油分によって、だんだんマツエクをつけている薬剤が溶けてしまい接着力が低下する可能性があるから。

 

まつ毛パーマは自まつ毛への施術なので、オイルクレンジングを使っても問題ありません。

オイルクレンジングは少しの力でメイクを落とせるのが特徴ですが、油分も落ちやすくまつ毛が乾燥しやすくなってしまうので、クレンジング後はしっかり保湿しましょう!

 

 

ジェルクレンジング

ジェルクレンジングは、テクスチャーに厚みがある分、肌への摩擦を軽減してくれる特徴があります。オイルだと洗いすぎ、クリームだと物足りない…そんな方にオススメのクレンジングです。

ジェルクレンジングは「オイルフリー」「オイルイン」の2つに大きく分けられます。自分の肌に合った方を選ぶことで、クレンジングによる肌荒れを防ぎましょう。

摩擦が少なく、優しい力でメイクが落とせるので、ジェルクレンジングはまつ毛パーア中にオススメです。

 

 

クレンジングバーム

クレンジングバームはジャータイプのパッケージが一般的ですよね。最近だと、DUOのクレンジングバームが定番人気ではないでしょうか。

軟膏のようなテクスチャーで、手に乗せると肌の体温でとろける仕組みになっています。油分や美容成分などが一緒に含まれていることが多いのが特徴です。

簡単にメイクが落とせて、洗い上りも潤いをキープしやすいのでまつ毛パーマ中のクレンジングオススメです。

 

 

ミルククレンジング

ミルククレンジングはオイルクレンジングなどに比べてクレンジング力がマイルドなのが特徴。その分肌負担も軽減されるので、肌荒れしやすい人やメイクが薄めの人が使いやすいクレンジングです。

ただ、ウォータープルーフやしっかりとアイメイクやリップティントをしている部分はミルククレンジングでは落としにくいので、そこはポイントメイクリムーバーを使用するとキレイにメイクが落とせます。

コスパがいい分、たっぷりの量と優しい力でメイクを落とすことができるので、まつ毛パーマ中のクレンジングとしてオススメです。

 

 

水クレンジング

水クレンジング(クレンジングウォーター)は、その名前の通り水のようなテクスチャーで、コットンに含ませて拭き取るタイプのクレンジングです。

洗い流しが不要(W洗顔不要)なので手軽にできるのがポイント。

クレンジングシートのように拭き取るタイプのクレンジングなので、摩擦は他のクレンジングに比べて強くなってしまいがち。水クレンジングを使う場合は、コットンにたっぷり含ませて、優しくメイクを落とすように心がけましょう。

リキッドクレンジングとの違い

水クレンジングとリキッドクレンジングの違いは、洗い流しが必要かどうかがポイントです。

リキッドクレンジングは、クレンジングの中でも比較的洗浄力の高いクレンジングなので、ほとんどが使用後に洗顔をする工程があります。ウォータープルーフや濃いメイクをした日に使用するのがオススメです。

簡単に濃いメイクが落とせるメリットがありますが、その分肌への負担も大きいもの。日常で濃いメイクをしないのであれば、まつ毛パーマ中のクレンジングとしては避けた方が無難です。

リキッドクレンジングを使用するのであれば、摩擦を減らすためにも優しく落とし、クレンジング後のスキンケアも丁寧に保湿することが大切です。

 

クレンジングシート

忙しい時や、旅行中などで活躍するのがクレンジングシートですよね。シートを取り出して拭き取るだけでクレンジングができるという超お手軽なアイテムです。

クレンジングシートを使う際の「擦る」という工程は、まつ毛を直接刺激してしまいます。クレンジングシートは日常づかいというより「今日だけは」という日のクレンジングとしてオススメです。

 

 

まとめ

マツエクに比べて制限がないまつ毛パーマのクレンジング。商品の裏を見て「これは大丈夫かな…?」と心配になる必要がないのは嬉しいですよね。

まつ毛への刺激をなるべく避けて、摩擦を減らし優しくクレンジングすれば、気にかけた分だけまつ毛パーマのカールが長持ちしやすくなります。

 

ちなみに、マスカラだけはウォータープルーフで他は石鹸落ちのコスメを使っている私が使ってよかったと思うアイテムはマスカラリムーバーです。

マスカラのように優しくまつ毛を撫でるだけでメイクがするんと落ちるので、摩擦の心配が要りません。

マスク生活で目元だけしっかりメイクをしている人も多いですよね。顔全体に同じクレンジングを使わず、ポイントでクレンジングを使い分けると肌のためにもなりますよ。

 

まつ毛パーマはだいたい1カ月~1カ月半がサイクルと言われています。早くカールが落ちてしまっても、その期間が過ぎないと次のパーマはできないので、なるべくカールを維持することが大切です。

この記事が少しでもお役に立てたらうれしいです。ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました