まつ毛が傷む?知らない間にダメージだらけ!ビューラーを使うデメリットとは

アイメイクには欠かせない、まつ毛をカールさせるためのビューラー。

まつ毛がキレイに上がっていると、目も大きく見えて、印象も変わりますよね。

でも実は、ビューラーを使うことで、せっかく生えている自まつ毛をボロボロにしているかもしれないんです!

 

使い方はよく分からないけど、何となく使っていて力加減も適当、はさみ方も適当、まつ毛が上がればいい!なんてやり方、していませんか?

 

たとえまつ毛を長く多くするためにケアをしていても、ビューラーのせいでその努力をムダにしている可能性があります。

この記事では、ビューラーを使うとおこる自まつ毛へのデメリットを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ビューラーを使うことでまつ毛が傷む理由

まずは、いつものビューラーを使い方でこの3つが当てはまっていないか確認してみて。

 

  1. 力いっぱいビューラーでまつ毛を挟んでいる
  2. 一日に何度もビューラーを使っている
  3. ビューラーでまつ毛を上げる時に上に引っ張っている

 

この3つの使い方をしているとまつ毛が傷みやすくなります。

 

まつ毛をしっかり上げようと思うとどうしても力が入ってしまいますよね。

ビューラーはまつげを上げるために便利なアイテムではありますが、力加減を間違えると自まつ毛へのダメージを与えるためのアイテムになってしまいます。

 

傷んだまつ毛ってどんなまつげ?

髪が傷むのは分かるけど、まつ毛が傷むってどういうこと?

髪の毛が傷むのは想像しやすいですが、まつ毛が傷むのはどんな状態かイメージするのは難しいですよね。

 

まつ毛の傷んだ状態で多いのは、髪の毛と同じように、「抜け毛」「切れ毛」「折れ毛」などがあります。

まつ毛の観察ポイント
①まつ毛が不自然に折れている
②一部分だけまつ毛が生えていない
③まつ毛が同じ長さで切れている部分がある

 

日常ではなかなか気づきにくいまつ毛のダメージ。

定期的に観察してみて、不自然な部分がないかチェックしましょう!

 

ビューラーのゴムの部分をチェック!跡がついていたり、ゴムが切れていたりしていませんか?

ビューラーのゴムの部分が切れている人は要注意!完全に力入れすぎてます!!

ゴムに亀裂があるとキレイなカールには仕上がらないので、すぐにゴムを付け替えましょう。

 

ビューラーのデメリットをカバーする方法

ビューラーでしっかり上げないと満足できない…ほかに方法はないの?

まつ毛しっかり上げたい派の人にとって、ビューラーの力加減が弱まると理想のまつ毛にならないのではないかと不安になりますよね。

しっかりまつ毛を上げて自まつ毛へのダメージを減らす方法を2つ紹介します!

 

①ホットビューラーをつかう

ホットビューラーとは、熱の力をつかって、まつ毛をくるんと上向きにしてくれるアイテムです。

 

ホットビューラーを使うだけでもまつ毛を上げることができますが、しっかりまつ毛を上げたい人にはホットビューラーと通常のビューラーの併用もオススメ。

先にホットビューラーでまつ毛を温めた後にビューラーを使うと、やさしい力加減でもまつ毛がしっかり上がります。

 

ヘアアイロンと同じように、まつ毛を熱で巻くイメージだね!

1,500円~2,000円で購入できるなら使ってみようかな!

 

②まつ毛の毛穴ケアを意識する

まつ毛の定番ケアである「まつ毛美容液」ですが、まつ毛に塗るマスカラタイプではなく、まつ毛の根元に塗る筆タイプがオススメ!

マスカラタイプのまつ毛美容液は、今生えているまつ毛の保湿などに効果的です。

乾燥していると傷みやすくダメージを受けやすくなってしまうので、普段美容液でケアしていない人にはオススメ。

 

すでに日常的に美容液でケアをしていて、今以上にまつ毛をケアしたいという人にはまつ毛の根元のケアがオススメ!

まつ毛も毛穴が詰まってしまうと生えてこなくなってしまうので、毛穴のケアも意識するとより変化を感じられます。

 

まつ毛パーマがオススメ

ビューラーを使わずにまつ毛を上げる方法として、まつ毛パーマがオススメです。

自まつ毛自体をカールさせるので、毎日ビューラーを使わなくてもしっかり上がったまつ毛を維持することができます。

 

まつ毛パーマはこんな方にオススメ
  • ビューラーが上手く使えない人
  • どうしても力が入ってしまう人
  • しっかり上がるまではさみ上げてしまう人
  • ポーチに入れて一日何度もビューラーを使う人

 

まつ毛パーマのせいで、まつ毛が傷むんじゃないの?

「まつ毛パーマ=まつ毛が傷みやすい」そんなイメージを持っている人もいますよね。

確かにパーマ液などの影響で、全くダメージがないとは言い切れません。

 

☆まつ毛ダメージを少なくするポイント☆

  1. 次の施術まで1カ月半~2カ月は期間を空ける
  2. まつ毛美容液を使ってケアする

 

頻繁にまつ毛パーマをすると傷みやすくなってしまいますが、しっかりと間隔を空けて、まつ毛パーマが長持ちするようケアしてあげると傷みにくくなりますよ。

 

 

 

まとめ

たった1センチ程度しかないまつ毛でも、その状態によってお顔のイメージに大きく影響します。キレイに上がったまつ毛は目に光が入って印象良く見えますよね。

せっかくのキレイなカールを台なしにしないためにも、ビューラーの使い方には意識して。

 

キレイなまつ毛カールに仕上げるポイントはこちら。

  • ホットビューラーをつかう
  • まつ毛パーマをする
  • 美容液で根元のケアをする

今からでもできる対策があるので、ぜひ試してキレイなカールをつくってみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました