HAKARA(ハカラ)のフロスは白と黒どっちがオススメ?実際の使用感を正直レビュー!

デンタルフロスが気になるけど、何を選んでいいか分からない

デンタルフロスを買ったけど、なかなか習慣化できない

しっかり汚れが取れているのか気になる

 

デンタルフロスでそんなお悩みありませんか?

歯ブラシ以上に手間がかかるデンタルフロスは、なかなか習慣化するのが難しく、汚れが取れているのか分からないこともありますよね。

 

歯のケアをしている人が必ずと言っていいほど紹介しているデンタルフロスは、歯ブラシで歯を磨くだけでは取れない汚れを取ることができると注目されています。

 

また、歯みがきと一緒にデンタルフロスを使うことで、お口の中の環境の改善が見込めます。

  1. 歯石除去率アップ
  2. 虫歯・歯周病予防
  3. 口臭予防

歯石がない歯の方が、見た目も綺麗に見えますよね。

 

歯の健康のためにもデンタルフロスを使ってみたけど、何を使ったらいいか分からず迷ってはいませんか?

 

この記事では、SNSでも注目されていたHAKARANのフロスについて紹介します。

何度かフロスを試してみたけど、自分の歯に合うものが見つけられなかった方にもオススメです!

 

この記事はこんな方にオススメ
・HAKARAのフロスが気になる
・フロスを習慣化したい
・フロアフロスと迷っている
スポンサーリンク

 

HAKARA(ハカラ)のフロスの特徴は?

HAKARA(ハカラ)は、歯科医院と歯科マーケティング会社のコラボで生まれたオーラル専門ブランド。歯科の現場から生まれた商品なので、実用性が高く効果的です。

 

HAKARAのフロスは、白と黒の2種類で展開されています。

白のフロスは384本の極細繊維(ファイバー糸)が歯間で膨らみ、汚れを根こそぎ絡めとる構造です。

 

黒のフロスは、糸が平面で、ワックス加工がされているので歯間に入りやすい構造です。

 

HAKARAフロスを使って感じたメリット

HAKARAフロスのメリット

他のメーカーのフロスも使ってきましたが、「やっぱりHAKARAがいい!」と思えたのは汚れがしっかり取れると感じたから。

また、ケースが薄くて場所を取らないので、ポーチに入れて持ち歩くこともできます。

外出時や宿泊先でもフロスを使えるので、習慣にしている人にはぴったりなフロスです。

 

HAKARAフロスのデメリット

デメリットは「他のフロスに比べて少々値段が高い」「取り扱いのあるお店が限られる」こと。

スーパーなどで購入できるフロスの1.5倍ほどの値段で、最初に購入するときは少し戸惑いますよね。もう少し安くなれば…!とは願いますが、お値段分の価値を使用していると感じられるので仕方ないところです。

 

また、近場のドラッグストアなどでほぼ取り扱いがないので、購入する際はインターネットか、LOFTや東急ハンズなどのバラエティショップがオススメ。

取り扱い個数も多くない印象があり、品切れしていることも多々あります。

欲しい時に買えたらラッキー!な印象です(笑)

 

HAKARAフロスの白と黒はどちらがオススメ?

白も黒も使いましたが、リピートしたのは白。

白のHAKARAフロスは繊維がしっかりしているので、フロスを使い慣れた人や歯間が狭くない人にオススメ。

市販の一般的なフロスに比べて汚れがごっそり取れる印象です。

フロスを使い慣れている人にはぴったり。

 

白のフロスがオススメ

  • 歯間が狭くない人
  • フロスに慣れている人
  • 汚れをしっかり取りたい人

 

 

黒のHAKARAフロスは、フロス初心者の人や歯間が狭い人にオススメです。

特に、初めて使う人は上手く使いきれないこともあると思います。

白に比べて黒の方が繊維が細く、ワックス加工されているので初心者でも使いやすいです。

また、黒のフロスは白よりも汚れが目に見えるので、気持ちよく使える上に、「フロスしなきゃ!」という気持ちになれるのでフロスを習慣化したい人にもオススメ。

販売店にもよりますが、黒のフロスの方が若干お安く購入できます。

 

黒のフロスがオススメ

  • フロス初心者
  • 目で見て効果を感じたい人
  • 歯間が比較的狭い人

 

SNSでのHAKARAフロスの口コミ

SNSでのHAKARAフロスの口コミを紹介します!

 

HAKARAフロスとフロアフロスは同じ?

以前SNSで、「HAKARAフロスはオーラルケアのフロアフロスのジェネリックだ。」と書かれた投稿が注目されたことがありました。

 

フロアフロスとハカラフロスは同じ糸が使われているという内容でしたが、実際にはフロアフロスを販売しているオーラルケアはその内容をはっきり否定しています。

 

情報が嘘だった!ということに焦点を当ててしまいそうになりますが、個人的にはHAKARAのフロスは私の歯に合っていたのでこれはこれでよかったのかなと思っています。

 

デンタルフロスは繊維の太さやコーティング等、それぞれ種類が違うので、気持ちよく使える自分の口内環境に合ったフロスに出会えることのほうが重要ですね!

 

まとめ

以前は歯磨きだけだった私も、今ではフロスがないと口の中がすっきりしないと感じるほどフロスが習慣になりました。

長く自分の歯を保つためにも、歯ブラシ以上のケアが必要です。

 

今回紹介したハカラのフロスは、フロス初心者の方からしっかり汚れを取りたい方も使用できます。

白と黒を自分の口内環境に合わせて選ぶことで、フロスがより習慣化しやすくなるのではないでしょうか。

 

この記事が少しでも参考になればうれしいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました