脱毛を始めるのに最適な季節は冬!夏ではなく冬に始めるメリットを紹介します

冬の間はムダ毛処理をしなくていいからうれしい

ムダ毛が生えても長袖で隠れるから問題なし!

寒くなると、夏と違って肌を露出する機会が一気に減りますよね。

夏はほぼ毎日していた自己処理も、冬になると大事な日の前日だけ、なんてことありませんか?

 

確かに、肌のためにも自己処理をする回数は少なければ少ないほどいいですよね。

冬は乾燥するので、カミソリを肌にあてると余計に荒れやすくなってしまったり。

 

冬の間はお休みして夏前に頑張ればいいや、って思っていませんか?

夏を目前に「ムダ毛をどうにかしなきゃ!」と思っても、実はもう遅いんです。

そのまま放置していると、結局次の夏も毎日のように自己処理をしなければならなくなります。

 

ムダ毛処理の回数を減らし、夏までに脱毛の効果を得たいなら冬にはじめるのが最適!

この記事では、脱毛を冬にはじめるべき理由とそのメリットをご紹介します。

 

スポンサーリンク

紫外線の影響が少ない

紫外線は美容の敵、脱毛の敵も紫外線。

紫外線のダメージは、脱毛前も脱毛後も肌に影響が大きく出ます。

 

日焼けした肌は炎症を起こしている状態です。

炎症を起こしている肌に脱毛の照射を当てることは、やけどのリスクが高めることになるので、通常脱毛の照射をすることができません。

日焼けをして黒くなった肌のまま脱毛しようと思っても、サロンや病院で断られてしまう場合があります。

幸い断られなかったとしても、照射のレベルは下げられてしまうので、本来の効果が見込めないことも想定されます。

 

そして、脱毛後の肌はとても敏感。

敏感な状態の肌は紫外線の影響を受けやすく、大きなダメージになってしまいます。

日差しが強く、紫外線の多い夏は、紫外線を予防することもとても大変。

1年の間で紫外線量が少ない冬の間に脱毛を行うことで、肌に受けるダメージの量を減らすことが期待できます。

 

夏までに脱毛効果を期待できる

脱毛はすぐに効果が出るものではありません。

1度や2度では、ほとんど効果を感じることができないのが現実です。

 

また毛が生える周期に合わせ、2カ月に1回通うことも当たりまえ。(サロンや病院によって異なります)

脱毛は本当に長期戦で、効果が出るまでに長い時間を要します。

 

冬の間に脱毛を始めることで、夏の薄着や露出に備えることができます。

なので、脱毛は冬の間にしたい夏の準備の一つです。

 

ムダ毛の自己処理する回数を減らせる

脱毛をする人は、少なくとも今のムダ毛に悩んでいるか自己処理を行っている人ですよね。

毛が濃いことに悩んでいる場合、脱毛するまで頻繁にカミソリを肌にあてる日々ではないでしょうか。

 

実はカミソリで毛を剃るのは、肌をノコギリで擦っているのと同じと言っても過言でないくらいダメージなんです。

 

自己処理の仕方は様々ですが、カミソリ・毛抜きは特にダメージが大きいです。

カミソリが与える肌へのダメージ
・皮膚の角質をそぎ落とす
・乾燥
・肌に傷をつくる
毛抜きが与える肌へのダメージ
・毛穴が盛り上がる
・埋もれ毛が起こる
・色素沈着

 

ちなみに、脱毛を行うサロンや病院では、カミソリやピンセット(毛抜き)で自己処理することを推奨していません。

電気シェーバーなど比較的肌に優しいものを使用して、丁寧に処理するように言われます。

 

また、脱毛後はムダ毛が自然に抜け落ちるタイミングがあります。

その間に毛を剃ってしまうと、せっかく脱毛効果を実感できる機会を逃してしまうのです。

なので脱毛中は、脱毛効果の状況を確認するためにも、カミソリで毛を剃る回数が少ない方が良いとされています。

 

夏の間は薄着になったり、腕や足などの露出もあったりと、ムダ毛処理をせずにいることができない場合もありますよね。

冬の寒い時期であれば、夏よりも露出が少なく、ムダ毛も隠せて自己処理の機会も減るので、脱毛するにはぴったりなんです。

 

脱毛の予約が取りやすい

寒い時期は厚着になりムダ毛が気にならない=脱毛を新しく始める人が少ない

脱毛に通う方にとって共通の悩みは「脱毛は予約が取りにくい」ところではないでしょうか。

なるべくストレスなく脱毛に通いたいですよね。

ムダ毛について意識する人が減る冬の時期に、脱毛を始めると予約が取りやすいのでオススメです。

 

まとめ

肌の露出が増える前に、あなたも脱毛始めてみませんか?

自己処理が不要な状態にしておくと、急な旅行や海へのお出かけの際にも安心ですよね。

いざという時にムダ毛を気にすることがないように、今から準備しましょう!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

少しでも参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました