【エアコンなし】すぐ試せる!暑くて寝苦しい熱帯夜を快適に過ごす方法5選

今年も梅雨時期になり、もうすぐ夏になりますね。

ここ数日は夜も暑い日が続いています。
「今年初めてエアコンを使用した」という方もいるのではないでしょうか?

寝苦しい夜が続くと睡眠の質が低下してしまいます。
そのせいで、翌朝もスッキリ起きられない原因に。

 

熱帯夜を快適に過ごしたい!

冷房の風が苦手。エアコンなしで過ごす方法はある?

そんな方のために、暑くて寝苦しい熱帯夜をエアコンなしで快適に過ごす方法をご紹介します♡

 

熱帯夜になかなか寝付けない理由

 

夜間の最低気温が25℃以上のことを熱帯夜と言いますが、
そんな夜に寝付けないのは、暑さだけが理由ではありません。

ジメジメするイヤな湿度の高さと暑さが混ざった不快感。
そしてもう一つ、深部体温が下がらないのが理由です。

熱帯夜でも深い眠りにつくには、深部体温を下げることがポイント。
深部体温とは「体の内部の温度」のことです。

深部体温は、朝から夕方にかけて高くなり、夜から朝にかけて下がるというリズムがあります。
このリズムが崩れることで、なかなか寝付けず眠りが浅くなる原因に。

夏は特に暑さや高い湿度のせいで、深部体温がスムーズに下がりにくくなってしまいます。

眠りにつく時に深部体温を下げることで、
暑い夜でも快適に眠ることができるようになります。

 

体感温度を下げる冷却グッズをつかう

エアコンを使用しなくても、体の温度を下げることは可能です。

深部体温を下げるために、睡眠時に使える冷却グッズを試してみましょう。

冷やすときは耳から上の頭を冷やすのがポイント。

首の部分を冷やしすぎてしまうと、逆に目が覚めてしまいます。
首筋や脇の下、股関節など大きな血管があるところを冷やすと効果はありますが、
長時間冷やしすぎないように注意してください。

 

氷枕

氷を入れて使用する一般的な氷枕。
氷が解けると冷たさがなくなるので、体を冷やしすぎず夜を過ごすことができます。

アイスノン

冷凍庫に入れておけば、取り出すだけで使用できるので簡単。
連日使い続けることが可能です。

部分的にも冷やしやすく、使い勝手がいいですよね。

冷感抱き枕

実は、冷感抱き枕もひんやりとした涼しさを感じられるアイテムの一つ。
吸水速乾機能がついているので、汗による不快感がありません。

水洗いすることで、清潔に保つことが可能です。

 

寝具やパジャマ(寝間着)を夏用に変える

寝具やパジャマを夏用の冷感素材などに変えることで、より快適に夜を過ごすことができます。

寝具

長い時間、体のほとんどが触れている寝具。

その寝具を夏用に変えるだけで、暑さによる不快感を軽減することができます。
それにより、睡眠の質が高まることが期待できまね。

シーツやブランケット、枕カバーなど、様々な冷感タイプの商品が発売されています。

通気性や肌触りを意識することで、より涼しい環境をつくれます。

また、寝具に自然素材を使用するのもオススメ。
「い草」は綿の約3倍の吸収力があるため蒸れにくく、暑い夜でも汗による湿気を吸収してくれます。

 

パジャマ(寝間着)

暑い夜の日はどうしても汗をかいてしまいがち。

長袖から半袖にするなど丈の調整はもちろん、
吸水速乾機能のあるパジャマを選べば、不快感を減らすことができます。

また、生地感やさわり心地を重視して選ぶと、より快適に過ごせますね。

夏用の素材は麻がオススメ。
涼しく、ひんやりとした気持ちよさを感じられます。

他には、締め付けの少ないものを選ぶことも暑苦しさを軽減する方法の1つです。

 

扇風機を使用する

空気を巡回させるという意味でも、扇風機は有効です。

首振り昨日を使えば、広い範囲に風が当たるので体を冷やしすぎることもありません。
風量が小さくても、そよ風が当たるだけで体温は下がりやすくなります。

エアコンよりも消費電力が少ないので、節約もできますね。

ただし、一晩中つけっぱなしにしてしまうと、朝方体温が上がりにくくなってしまいます。
扇風機の使用は寝る前から4時間程度がオススメです。

 

ぬるめのお湯に入浴する

入浴

1つ目の方法で、深部体温を下げることがポイントとお伝えしました。
深部体温の上げ下げをつくり、ゆるやかに下がるリズムをつくることで、
より自然な眠りにつけるようになります。

深部体温を下げる前に体温を上げることにより、体温が下がりやすい環境をつくることができます。

そのためにぬるめのお湯に入浴し、体温を上げましょう。
温度は38℃~40℃くらいがオススメです。

入浴することが面倒くさい日などは、足湯だけでも効果があります。

入浴後、だいたい90分程度で温度が下がっていきます。
就寝予定の1時間半ほど前に入浴するのがベストです。

 

寝る前に水分を補給する

水分補給

人は寝ている間に500㎖から1ℓの水分失います。
暑い夜、熱中症にならないためにも水分補給は忘れずに。

また、寝ている間に喉が渇くと必然的に眠りが浅くなってしまいます。

もちろん飲みすぎには注意。
せっかく眠りについた後に、お手洗いに行くために起きることにならないように。

 

まとめ

以上、エアコンなしで熱帯夜を過ごす方法をご紹介しました。

暑い日は体力も奪われてしまうので、
なるべくしっかり睡眠をとりたいところ。

ただし、無理は禁物。

どんなに工夫をしても眠れない夜は、我慢せずにエアコンを使いましょう。
眠りにつくまでの数時間、タイマーを設定して使用してみてください。

快眠へ導くための適切な室温は26℃~28℃が推奨されています。

湿度が高く、熱帯夜が続く梅雨時期。
少しでも快適な夜を過ごしたいですよね。
ぜひ、試してもらえたら嬉しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました♡

タイトルとURLをコピーしました