【日本製】大人気!シルクマスクで夏を乗り越えよう【肌荒れも防ぐ】

2021年の夏を、マスクといかにうまく付き合って乗り越えるか。

梅雨明け、夏を目前に控えた私たちの大きな課題です。

暑さによる汗、蒸れ、メイク崩れ、肌荒れ…悩みを上げたらキリがありません。

肌に優しい素材というと、シルクやコットンに麻などがあります。

 

今年の夏、マスク生活は「シルクマスク」がオススメ。

シルクの成分は人肌に限りなく近い成分であり、「第2の肌」とも呼ばれています。

シルクマスクも様々な形の商品が販売されています。

肌と相性の良いマスクを使用することで、肌荒れやストレスを軽減する効果も。

スポンサーリンク

不織布マスクと併用できるシルクマスク

不織布マスクが欠かせない方のためには、シルクと不織布を併用できるマスクもオススメ。

普段は不織布、プライベートはシルクなど、使い分けるのもオススメです。

たとえば、シルクの間に不織布マスクを入れることができる商品。

この商品についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

 

他にも、不織布マスクに重ねて使用できるアイテムもあります。

「インナーマスク」というキーワードで検索すると見つかりやすいです。

 

 

 

シルクの魅力

シルクの魅力は何と言っても、肌に優しいこと。

人肌と同じ成分でできている上に、肌触りが良いのも魅力。

古くから高級素材として扱われていたシルクは、
クレオパトラから卑弥呼にまで愛用されていたと言われています。

肌荒れを防ぐ

夏場のマスクにシルクマスクをオススメ理由は、肌荒れを防ぐことが期待できるから。

マスクで肌荒れを起こすのは、「摩擦」「蒸れ」「乾燥」が大きな原因。

シルクマスクで肌荒れがおきないわけではないですが、
他のマスクに比べて肌への影響を少なくすることは可能です。

肌荒れ防止につながるメリットは大きく3つ。

*肌触りが良いので、摩擦を軽減できる
*乾きやすいため、汗をかいても蒸れにくい
*天然保湿成分が含まれているので、保湿力が高い

 

UVカット機能

あまり知られていないかもしれませんが、
シルクには、天然のUVカット機能があります。

シルクのセリシンという成分に、紫外線を吸収する働きがあるんです。

マスクのしたはスッピンという方も多いですよね。

マスクと肌の境目を分からないようにするためにも、紫外線をカットしてくれるのはうれしいポイントです。

高級感

上品で光沢のあるシルク素材は、つけているだけで高級感が漂います。

シルクには等級があります。

2A、3A、4A、5A、6Aとあり、
「6A」が最も高品質なグレードです。

色や光沢、手触りや、糸の太さなど、様々な項目によって等級は分けられます。

5A、6Aは、全体の10%ほどしか認定されません。

ぜひ、購入する際の参考にしてください。

 

シルクのお手入れ

シルクは天然繊維なので、手洗いが基本です。

化学繊維にくらべて繊細な素材なので、面倒でも、手洗いをすることをオススメします。

しみ込んだ汗などを放置しておくと、シミや色落ちの原因になってしまいます。

虫食いやカビの被害にも遭いやすいので、定期的なお手入れは忘れずに。

 

手洗いときくと手間がかかるイメージがありますよね。

しかし、シルクはとても乾きやすい素材なので、水気のあるまま干しても問題ありません。

シワにもなりにくいので、ご自宅でも簡単にお手入れすることができます。

※商品によって洗い方が異なる場合があります。それぞれの洗濯表示に従って、洗濯してください。

 

タイトルとURLをコピーしました