【記憶に植えつける】振り返りたくなる匂いは?色っぽいをまとえる香り5選

 

色気がないのが悩み。大人の色気ってどうしたらいいの?

 

大人の色気は、「香り」でつくるのがオススメ!

色っぽい女性(男性も)って、なんだかいい匂いがするイメージ、ありませんか?

ふとすれ違ったときに振り向いてしまう香りや、私の匂いとして覚えてほしい香りなど。

香り一つで相手に与える印象は大きいもの。

なので、香りで「色気を演出する」ことができるんです。

 

ちなみに香りは、「プルースト効果」といってその香りを嗅ぐことによって記憶や感情をよみがえらせる効果があります。

プルースト効果とは、フランスの作家“マルセル・ブースト”の小説が由来。
「失われた時を求めて」のワンシーンの中に、主人公が紅茶にマドレーヌを浸してその香りを嗅いだ瞬間、幼少期がフラッシュバックするという描写があります。作者の名前をとって「プルースト効果」と呼ばれるようになりました。

今回は、上品で色っぽい雰囲気を醸(かも)しだす香りを5つ、ご紹介します。

スポンサーリンク

ムスク

ムスクの花

色っぽい香りと聞くと、ムスクをイメージする方も多いのでは?

ムスクは、香水だけでなく、ディフューザーやせっけんなど様々な商品に利用されよく目にしますよね。

 

ムスクの香りは「せっけんのような香り」「温かみのある」「動物的」「官能的」などと表現されます。

甘さと重厚感のあるムスクの香りは、昔は媚薬効果のある香料として重宝されていました。

もともとムスクは麝香鹿(ジャコウジカ)から分泌される体液を採取していたので、動物的野性的な匂いをイメージさせます。

 

ホワイトムスクやカシミアムスクなど、同じムスクでも様々な匂いの種類があります。

最後に香るラストノートに使われることの多いムスクの香りは、持続性も高いのが特徴。

体温や汗が混ざると、あなただけの香りを演出することができます。

 

イランイラン

イランイラン

古くから魅惑的な香りとして知られているイランイラン。

インドネシアでは新婚カップルのベッドの上にイランイランの花びらをまく習慣があるんだとか。

 

イランイランには催淫作用があると言われる一方で、その香りには緊張や不安を落ち着かせる効果もあります。

エキゾチックなイランイランの香り。

甘い夜に、ロマンティックな雰囲気を纏いながら、イランイランの香りで気持ちをリラックスさせるのもいいかもしれませんね。

 

実はイランイランにはオイルを抽出する際の段階によってグレードがあります。

特に、オイルとしてイランイランを購入する際は、グレードで選ぶのもいいかもしれません。

イライラを落ち着かせたり、心を穏やかにしてくれる作用もあるのでお部屋のアロマとして選ぶのも有効です。

イランイランを使用した香水については、こちらの記事で紹介しています。

 

アンバー

古来より高級香料として重宝されてきたアンバーの香り。

そのため、ハイブランドの商品で多く利用されている香りでもあります。

 

アンバーグリスはマッコウクジラの結石の香りなので、ムスクと同様に野性的な香りを演出します。

近年では商業捕鯨が禁止となったため、アンバーグリスは使用されず。

合成香料を用いて、アンバーグリスと似た香りの「アンバー」が一般的です。

 

アンバーグリスの香りは媚薬として効果があると実証されているほど官能的な気分にさせるセクシャルで濃厚な香りです。

また、一口に「アンバー」といってもすべて同じ香りではないのも特徴の一つ。

アンバーの香りそれぞれに異なる香りを楽しめます。

アンバーという名前の由来が諸説あり、そのため、香りも作り手によって異なります。

あなただけのアンバーの香りを見つける楽しみもありますね。

 

チュベローズ

「月下香」という和名を持つチュベローズは、香りの中で最もセクシーと言わています。

夜になると強い香りを放つので、あでやかで濃艶な煽情的な花です。

 

甘く優雅で官能的な香りであり、その催淫効果で世の中の男性を魅了し続けている媚薬のようなもの。

いやらしさのない上品な香りでありながら、まるで魔力のような効果を持つチュベローズ。

大人の女性にオススメの香りです。

 

ピオニー

「妖精が姿を変えた花」としても知られるピオニーの香りは、奥ゆかしいさと儚さを演出します。

バラの香りに似ていると言われるピオニーの香りですが、ピオニーは淡く優美な香りを放ちます。

重さを感じさせないので、季節を問わず使用することができます。

 

官能的な誘惑する香りとはまた違うのがピオニーの特徴。

上品でありながら儚く、今しか出会えないような香りを放つことで香りに夢中にさせられます。

エレガントとフェミニンの雰囲気を一緒に醸しだすことができますね。

まとめ

上品で落ち着いた女性の色気を演出する香りを5つご紹介しました。

思い出に残したい日には新しい香りをまとうと、香りを感じるたびによみがえり、その日のことが忘れられない特別な記憶になります。

 

色気を演出したいときは、香りも合わせてコーディネートするのがオススメ。

人を惹きつけるポイントは見た目だけでなく、香りも大きな鍵になります。

皆さんの香り選びの参考になれば幸いです♡

タイトルとURLをコピーしました