【意外と多い女性の痔】痔にならないためには?病院に行くなら何科?

痔は男性がなるものでしょ?

まだ若いし痔になんてなるはずない

漠然とそう思っていた以前の私に本当に言ってあげたい。

 

痔は男性だけではなく、若い女性でもなります!

って。

 

この記事はこんな方にオススメ
・痔ができて悩んでいる人
・便秘がちな人
・痔になる原因が知りたい人
・ボラギノールが効くのか知りたい人

 

痔というのはある日突然気がつくもので。

私の場合は、切れ痔(内痔核)といぼ痔(外痔核)が一つずつ。

痔を自覚してしまったあの日の衝撃は今でも忘れられません…。

意外と多い女性の痔

自分が痔になったことでいろいろと調べてみると、意外と女性で痔になった経験がある方は多いようです。

私も人には言えませんでしたが、同じように恥ずかしさから誰にも言わない「隠れ痔主」が多いんだとか。

出産以外だと、便秘や無理なダイエット、食生活の乱れなど、日常に痔になる可能性は多くあります。

 

もしこの記事を痔になって心配している方が読んでいるとすれば、一人で悩む必要はありません。

安心してください、痔になって悩んでいる女性はあなただけではありませんよ。

 

隠れ痔主の救世主ボラギノール

本来であれば病院に診察に行くべきだったのでしょうが、

どうしても医師に患部を見せることに抵抗を感じて、まずは市販薬を試しました。

 

選んだのは痔の薬でおなじみの「ボラギノール」。

毎晩お風呂上りに塗布し続け、2週間ほどで改善されました。

なかなかすぐには治らないので、気長に塗り続けることをオススメします。

 

ここで注意点が一つ。

塗布する量が多かったのか、下着がシミになってしまったので

お気に入りの下着を着用するときにボラギノールを塗布することはオススメしません…。

 

痔で病院に行くなら何科に行くべき?

病院

痔の先輩である友人に聞いたところ、痔になった場合は「肛門科」を受診します。

なかなか行く機会のない病院ですよね。

私も最初、肛門科について調べました。

しかし肛門科を受診する人があまりいないからか、病院の情報が少ない印象でした。

診察を断念したのもそれが理由の1です。

 

もし病院を受診する場合は、患部を先生に見せなければならないので、

できる限り事前に情報を得ておくことをオススメします。

 

痔を予防するには便秘改善は絶対

痔の原因で女性に多いのは、便秘が長く続いてしまうこと。

便意を感じた時に我慢したり、生理が理由で便秘になったりと、お尻に負担をかけることが多いですよね。

 

無理に便を出そうとすることで、切れ痔になりやすくなります。

便通をよくすること、便を柔らかくすることで、痔を防ぐことができます。

 

特に、1度痔になると繰り返しやすいと言われているので、

日頃から便秘にならないように対策していかなければなりません。

 

≪便秘改善方法≫
運動やストレッチで腸を動かす
冷たい飲み物や食べ物を避ける

腸を動かすことは便秘を改善するうえでとても大切なこと。

適度な運動やストレッチをするだけでも、便秘の改善につながります。

 

どうしても長く続いてしまう場合は、便秘薬やサプリメント飲むのも方法の一つ。

便秘が改善されることで、ダイエット効果も見込めます♡

 

モリンガパワーで理想のボディへ♪ダイエットサポートサプリ【ミラスル】


まとめ

どうしよう痔になっちゃった…

まさか自分がなると思っていなかったものにいざなってしまうと、余計に不安が増しますよね。

痔を繰り返さないためにも、上手に体と付き合っていきましょう!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました♡



タイトルとURLをコピーしました