【目的別】自分の悩みや理想に合わせてハンドクリームを選ぶ方法【ポイントは4つ】

種類が多すぎてどのハンドクリームを選べばいいか分からない

保湿以外にハンドクリームのメリットはあるの?

 

ハンドケアの一つとして重要なハンドクリームですが、ドラッグストアだけでも数多くの種類が販売されていますよね。

種類がありすぎて何を選んだらいいか分からない!という方も多いのではないでしょうか。

また、ハンドクリームを塗る目的も人によってさまざまですよね。乾燥や、あかぎれを改善したい、香水の代わりに使用したいなど、目的に合わせて選べるのもハンドクリームのメリットです。

 

あなたは、ハンドクリームにどんな効果を求めますか?

 

ハンドクリームは日常的に使うものなので、自分に合わないものを選んでしまうとなかなか継続して使うことが難しくなってしまいます。

反対に、お気に入りのハンドクリームなら、毎日でも1日に何度でも使いやすいですよね。

 

この記事では、好みや悩みなど目的に合わせたハンドクリームの選び方を紹介します。

4つのポイントのうち、優先度が高いものから選びましょう!

 

 

この記事はこんな方にオススメ
・ハンドクリーム選びに悩んでいる
・ハンドケアを始めたいと思っている
・自分に合ったハンドクリームを見つけたい
スポンサーリンク

ポイント①ハンドクリームを香りで選ぶ

ピンクのブーケ

ハンドクリームを「香り」で選ぶ方法。

甘い香りやすっきりとした香り、濃厚な香りなど、人によって香りの好みは異なりますよね。

ハンドクリームは肌への効果だけでなく、心への効果も見込めるのがうれしいポイント。

仕事中に気持ちをリフレッシュさせたいときなど気分転換としても使用できます。

 

香りによる心への効果はこちら。

ローズ→心を穏やかにする
ラベンダー→快眠
レモン→リフレッシュ
ヒノキ→心を落ち着かせる
ジャスミン→気持ちの高ぶりを静める

 

日中はレモンなどの柑橘系、夜用はラベンダーで快眠効果など、使う場面に合わせて香りを選ぶこともできます。

香りは一瞬で脳を活性化させる効果もあるので、手を洗った後など塗り直すタイミングで気持ちを切り替えることも期待できます。

 

ハンドクリームの香りが苦手な方は「無香料」を選ぶのがオススメ。

また、香りの好みは人によって違うので、ハンドクリームをプレゼントするときは無香料を選ぶと相手に使ってもらいやすくなります。

 

ポイント②ハンドクリームをデザインで選ぶ

ハンドクリームを「デザイン」で選ぶ。

一言でハンドクリームと言っても、その見た目は様々ですよね。

シンプルなものから、華やかなものなど、好みに合わせてハンドクリームを選ぶことができます。

 

持ち歩きたくなるハンドクリームを選ぶと、お出かけ先で取り出して使うのが楽しみになりますよね。

デザイン性の高いハンドクリームは、プレゼントとしてもぴったりです。

 

また、ハンドクリームはデザインだけでなく販売されているサイズもそれぞれ異なります。持ち歩きや自宅用など、使う場面に合わせてサイズを選んでみるのもオススメです。

 

ポイント③ハンドクリームを効果で選ぶ

ハンドクリームを「効果」で選ぶ。

ハンドクリームと聞くと保湿効果をイメージする人も多いと思いますが、ハンドクリームが肌にもたらす効果は保湿だけではありません。

 

ハンドクリームにもスキンケアのように色々な効果があります。

  • 美白効果
  • UV効果
  • エイジングケア
  • ネイルケア
  • 整肌効果

 

手は体のパーツの中でも一番多く使うパーツです。

そのため、年齢が見えるパーツでもあり、丁寧なケアが必要とされます。

手肌の悩みに合わせてハンドクリームを選ぶことで、理想の手に近づくことが期待できます。

 

ポイント④ハンドクリームをコスパで選ぶ

ハンドクリームを「コスパ」で選ぶ。

今ではダイソーなどの100円ショップでもハンドクリームが買える時代ですよね。

反対に、デパコスブランドでは10,000円を超えるハンドクリームも販売されています。

 

毎日使用するハンドケアのアイテムとして、ハンドクリームは継続して使用できる価格を選ぶのもポイントです。

「高すぎて使うのがもったいない」「安すぎて効果が見込めない」など、自分に合わないハンドクリームを使用すると求める効果が発揮できない場合もあります。

日中は何度も塗り直すのでお手頃な価格のものを選び、夜用はしっかり保湿したいので少し高めのハンドクリームを選ぶ、など場面に合わせてハンドクリームを変えるのも一つの方法です。

 

まとめ

ハンドクリームは「香り」「デザイン」「効果」「コスパ」の中で、どれを重視したいかで選ぶと、自分に合ったハンドクリームに出会いやすくなります。

朝は香り、日中はコスパ、夜は効果など、使用するタイミングで使い分けることができるのもハンドクリームのうれしいポイントです。

また、ハンドケアは1年中欠かせない美容ケアなので、季節に合わせて変えるのも効果的です。

 

何種類もあるハンドクリームの中から、自分の肌に合ったものを見つけるのは本当に難しいですよね。でも、数多くある分、理想のハンドクリームが見つかることは間違いありません。

あなたに合ったハンドクリームが見つかりますように。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました